海洋気象学会

海洋気象学会 The Marine Meteorological Society

会員数や事業計画など

創設及び会員数

創設

大正10年(90年の歴史を有する学会です)

会員数(2014年6月1日現在)

  A会員 個人 162人  団体 10団体
  B会員 個人 36人  団体 64団体

※事務局は有限会社あゆみコーポレーション内におかれています。

2014年度事業計画

2014年度事業計画は2014年6月20日の総会にて承認されました

1.機関誌の発行

(1)海と空(第90巻:第1〜3号)

 総頁数 :約180頁

 編集方針:海洋気象およびこれに関連する分野について幅広い掲載に努める。論文投稿を積極的に呼び掛ける活動を実施する。

(2)海の気象(第60巻:第1〜3号)

 総頁数 :約100頁

 編集方針:海洋気象全般にわたる知識の普及・向上並びに体験の交換を目的とし、平易な内容とすると共に海事関係者の要望に応じた内容を取り入れる。

2.諸行事の開催

  (1)シンポジウム
   ア 北海道・東北地区シンポジウム (2014年8月26〜27日)
   イ 九州・沖縄地区合同シンポジウム (2014年12月5日)
  (2)例会  2回(2014年6月20日及び12月頃(予定))
  (3)船舶気象懇談会  1回(社団法人日本船長協会と共催、2015年2月頃(予定))

3.「海と空」の電子化

「海と空」について、国立国会図書館での公開にかかる作業を行う。「海の気象」についても、国立国会図書館で公開に向けての作業を進める。

4.「瀬戸内海の気象と海象」

「瀬戸内海の気象と海象」について、学会ホームページにおいて公開する。