海洋気象学会

海洋気象学会 The Marine Meteorological Society

国立国会図書館デジタルコレクションにおいて、「海と空」第75巻4号(2000年3月)までの内容を見ることができます。

総合報告、短報

第90巻3号 2015.3 総合報告

長崎市沿岸の藻場における海水特性と五島灘東部の塩分フロント

種子田雄・吉村 拓・八谷光介・清本節夫・高木信夫

第89巻 3号 2014.3 短報

A comprehensive, simultaneous ocean and atmosphere observation north of the Kuroshio Extension in autumn 2009

Naoto IWASAKA, Fumiaki KOBASHI, Kazuyuki UEHARA, Eitarou OKA, Masanori KONDA, Toshiyuki MURAYAMA, Youichi TANIMOTO, Kunio KUTSUWADA, Masahisa KUBOTA and Keita SUZUKI

諫早湾干拓潮受堤防排水門の開門の影響予測及び開門方法への提言

濱田孝治・速水祐一・Adi NUGRAHA・山口創一・郡山益実

第89巻 2号 2013.12 総合報告

対馬海峡を通過する溶存態無機窒素の水平輸送量

森本昭彦・後藤 暁・滝川哲太郎・千手智晴・伊藤 雅・鬼塚 剛・渡邉 敦・杢 雅利

宗谷、津軽、対馬海峡周辺における海面高度偏差と対馬暖流の季節変動

滝川哲太郎・伊藤 雅・福留研一・森本昭彦・広瀬直毅・尹 宗煥

第88巻 3号 2012.11 総合報告・短報

噴火湾湾口沖を通過する急潮 ― (3)数値モデル実験Ⅱ ―

小林直人・磯田 豊・高津哲也・木村 修・亀井佳彦

第88巻 2号 2012.11 総合報告・短報

噴火湾湾口沖を通過する急潮 ― (2)数値モデル実験Ⅰ ―

小林直人、磯田 豊、高津哲也、木村 修、亀井佳彦

Comparison of Fluorometric and Spectrophotometric Methods for Determination of Chlorophyll-a in Coastal Seawater Samples

Hitomi YAMAGUCHI, Ryo KATAHIRA, Yuka OGATA, Masahiro SHIRAISHI, Kazuhiko ICHIMI, Kenji TARUTANI and Kuninao TADA

第88巻 1号 2012.7 総合報告

噴火湾湾口沖を通過する急潮 ― (1)データ解析 ―

小林直人、磯田 豊、小林雅行、佐藤千鶴、木村 修、山口秀一、高津哲也、アナ ルイザ ロザ

第87巻 1号 2011.10 総合報告

2007年11月に対馬東部海域で観測された低気圧性渦周辺の栄養塩・プランクトン分布

鬼塚 剛、滝川哲太郎、小針 統、杢 雅利、森本昭彦、渡辺 敦、吉川 裕、柳 哲雄

第86巻 1号 2010.9 総合報告

2009年初夏,隠岐諸島東方海域における海洋構造と大型クラゲ(Nemopilema nomurai)の分布

滝川哲太郎、秦 一浩、上野俊士郎、河村真理子、森本昭彦、宮地邦明

第85巻 4号 2010.3 総合報告

渦解像海洋大循環モデルで再現される北太平洋中層水の50年規模の低温化

中野渡拓也・三寺史夫・本井達夫・大島慶一郎・石川一郎(大槌シンポジウム分)

第85巻 2号 2009.9 総合報告

気象庁における波浪予報の現状と改善計画

高野洋雄(2008シンポジウム分)

外洋に突発的に現れる異常波の発生と気象条件

早稲田卓爾(2008シンポジウム分)

波浪と船舶安全性-特に転覆との関連について-

梅田直哉(2008シンポジウム分)

大気海洋相互作用における波浪のかかわり

鳥羽良明(2008シンポジウム分)

第84巻 2号 2008.9 総合報告

数値海況予測システムJCOPE2による黒潮・親潮混合域の再現性

宮澤泰正、小松幸生、瀬藤聡(大槌シンポ発表分)

千島海盆東部の海面高度の年周期変動

内本圭亮、三寺史夫、江淵直人、水田元太(大槌シンポ発表分)

夏季の北部根室海峡付近における風による宗谷暖流の流入過程ー観測結果および数値実験結果ー

佐藤政俊、河野時廣・川崎康寛(大槌シンポ発表分)

北太平洋亜寒帯内部領域におけるArgoCTDデータによる傾圧構造

佐藤政俊、河野時廣(大槌シンポ発表分)

2001〜2007年の夏季観測結果による北海道西岸域の高塩分中層水

白石絵美、南秀樹、河野時廣(大槌シンポ発表分)

2006年10月〜2007年7月のオホーツク海北海道東部沿岸域における水塊構造

堺理紗子、河野時廣、小熊幸子(大槌シンポ発表分)

第84巻 1号 2008.6 総合報告

沿岸海域の物質循環研究におけるモニタリング・データの利用

山本民次(九州沖縄地区シンポ分)

定期旅客船による山口県沖合海域の表層水温観測

渡辺俊輝、千手知晴(九州沖縄地区シンポジウム発表分)

第83巻 2号 2007.7 総合報告

ナホトカ号重油流出事故から10年、私たちは何を学んだのか?

田崎和江

東シナ海から日本海への熱・淡水輸送

千手智晴・松井繁明・韓仁盛・滝川哲太郎

日本海の海面水温の長期変動に関する調査

井手博敬・日比野

日本海側冬季降水量に対する対馬海流の影響

広瀬直毅・山本勝・西村和也・福留研一

北陸沿岸都市の温暖化の特徴−水蒸気が加速する温暖化−

川平浩二

日本海に対する思い−日本海は湯湯婆(ゆたんぽ)−

西山勝暢・日比野

第80巻 2号 2004.9 総合報告

瀬戸内海における栄養塩輸送の長期変動とその低次生態系への影響

小林志保・高志利宣・藤原建紀

瀬戸内海の長期水温変動

高橋暁・清木祥平

瀬戸内海における窒素・リンの存在量とその長期変動

速水祐一・碓井澄子・武岡英隆

瀬戸内海の水質環境特性−瀬戸内海総合水質調査の実施状況と調査結果の解析−

日比野忠史・松本英雄・明瀬一行

瀬戸内海の水質と生態系の長期的変動−海砂採取による濁り・CODの上昇とイカナゴ資源の減少−

藤原建紀

第80巻 1号 2004.7 総合報告

CFC-11分布からみた日本海の海洋循環−渦解像海洋大循環モデルを用いた全休シミュレーション結果から−

笹井義一・石田明生・山中康裕・佐々木英治

日本海におけるスルメイカ卵稚仔の輸送シミュレーション

藤井康之・広瀬直毅・渡邊達郎・木所英昭

富栄養化した洞海湾における水質環境管理のための生態系モデルの適用

鬼塚剛・柳哲雄・井上康一

MEC Ocean Model について

濱田孝治

第79巻 1号 2003.7 総合報告

水位変動を引き起こす要因と異常潮位について

高杉由夫

第78巻 4号 2003.3 短報

有明海における冬季の平均流について

木谷浩三

第78巻 2号 2002.10 総合報告

鹿島灘沿岸域における黒潮流路接近時の流動特性

八木宏・灘岡和夫・中山哲厳・二平章

黒潮系水塊の沿岸域への影響−東京湾及び相模灘を例として−

日向博文

冬季季節風による広域海浜流−上越・大潟海岸を例として−(現地観測結果)

馬場康之・加藤茂・山下隆男

冬季季節風による広域海浜流−上越・大潟海岸を例として−(広域海浜流の数値モデルとそれによる再現計算)

加藤茂・馬場康之・山下隆男

有明海の潮流と物質輸送特性について

滝川清・田淵幹修・田中健路

河口部の水理と物質輸送

田中仁

沿岸海洋における風による海水流動

山下隆男

第77巻 2号 2001.9 総合報告

灘・海峡系における海洋構造と流動

藤原建紀

沿岸生態系モデルの類型化および特徴抽出

大塚耕司・上月康則・重松孝昌

閉鎖性内湾における環境影響予測と評価のための試み−関西国際空港島地先海域における生物生産構造の特徴−

矢持進・小田一紀

大阪湾におけるイカナゴ漁場の動態と潮流

米田佳弘・吉田司

大阪湾及びその周辺海域における海水中二酸化炭素の測定

山下英次・河野雄彦・林昌世・石田廣史

風が広島湾底泥中の有害プランクトンシストの分布に及ぼす影響

高杉由夫・橋本英資・長尾雅之・朱小華

田辺湾の海水交流や赤潮に対する海上風の影響について

吉岡洋

紀伊水道における低層冷水構造とプランクトン量の経年変動特性

竹内淳一

夏季の紀伊水道における残差流と生物輸送

笠井亮秀・多田光男・藤原建紀

第76巻 4号 2001.3 総合報告

特集「台風第9918号による高潮の実態とメカニズム」を組むにあたって

佐伯理郎

平成11年台風第18号の気象状況

岡村博文

潮位記録からみた各港湾の高潮

永井千春

現地調査結果からみた高潮の規模と実態〜台風9918号による不知火海高潮災害〜

滝川清・田淵幹修・山田文彦・田中健路

台風9918号による八代海沿岸の高潮災害の実態からみた高潮防災対策についての考察

鳥居謙一・山本幸次・加藤史訓

台風9918号による宇部市の被害状況

弘中秀治

現地調査の結果から見た周防灘の高潮の特性

河合弘泰

数値モデルによる高潮の予報

檜垣将和

台風第9918号によって起こされた八代海の高潮のメカニズム

高野洋雄

台風9918号による八代海と周防灘の高潮

河合弘泰

波浪浅水変形海域での高潮モデル−台風9918号の高潮への適用−

山下隆男・馬場康之・中川勇樹

第76巻 2号 2000.9 総合報告

海洋地球研究船「みらい」によるNauru99観測航海の概要

米山邦夫・勝俣昌己

第75巻 3号 1999. 1 総合報告

大型珪藻 Coscinodiscus wailesii秋季発生量の予察手法と気象要因

西川哲也

1994〜1998年の異常気象による大阪湾での熱帯・亜熱帯生物の出現と漁業への影響

鍋島靖信

TOPEX/POSEIDON衛星高度計による日本海南部海域の海面高度変動

香西克俊

本州南方の黒潮の季節変動と経年変動

中村辰男・日当智明

琵琶湖低層水の温暖化

速水祐一・藤原建紀

十年変動から推量される大気と海洋のテレコネクション

関根義彦

日本沿岸潮位に見られる20年周期変動

千手智晴・松山優治

TOPEX/POSEIDONと黒潮流量モニタリング

今脇資郎

気象庁海洋気象観測船「凌風丸」による西部北太平洋の二酸化炭素観測

緑川 貴・中館 明・楳田貴郁・小川 完・根本和宏

西部北太平洋亜熱帯域における海洋表層CO2 の季節変化とその変動要因

石井雅男

西部北太平洋,オホーツク海,日本海におけるpCO2観測−「白鳳丸」KH-98-03 研究航海−

山下栄次・野上晃正・河野雄彦

第74巻 4号 1999. 3 総合報告

日本海における気象要素の長期変動

小西 靖・西 峰雄

日本海PM線の長期変動

南 秀人・川江 訓・地福淳一・永井直樹

日本海中層の水塊特性と循環

千手智晴

日本海における浮魚類の漁況変動に関わる海況変動

平井光行

日本海における冬季海面水温の6〜8年スケール変動

磯田 豊

日本海循環の過去,現在,未来

尹 宗煥

係留系直接測流結果による日本海固有水の動態

山田東也

放射性核種から見た日本海の循環

宮尾 孝・青山道夫・広瀬勝己・五十嵐康人

日本海北海道西岸域の海洋循環について

渡辺達郎・中多章文

衛星から見たナホトカ号による油分漂流

香西克俊

日本海沿岸地方の気候について

西山勝暢

能登半島周辺水域におけるイワシ類仔魚の餌料環境

平井和正・平井光行・後藤常夫

対馬暖流水の変質について

角野康二

第74巻 2号 1998. 9 総合報告

黒潮流路の経年変動に関わる流量変動

秋友和典

東シナ海および四国南方の黒潮によって運ばれる熱量と塩分量

市川 洋・ASUKAグループ

第73巻 2号 1997. 9 総合報告

伊勢湾の栄養塩輸送と亜表層クロロフィル極大

藤原建紀・福井真吾・笠井亮秀・坂本 亘・杉山陽一

紀伊水道の流れと栄養塩輸送

藤原建紀・宇野奈津子・多田光男・中辻啓二・笠井亮秀・坂本 亘

大阪湾の流れと密度場の鉛直構造

中辻啓二・石塚正秀・金 種仁

紀伊水道に進入する表層暖水と底層冷水

竹内淳一・中地良樹・小久保友義

第73巻 1号 1997. 6 総合報告

黒潮フロント域における基礎生産過程

木村伸吾

大阪湾の成層構造と水質の変動

中嶋昌紀

淡水影響域におけるエスチュアリー循環流と生物・物質輸送

藤原建紀

第72巻 1号 1996. 6 総合報告

気候システムの年々変動におけるモンスーンの役割

安成哲三

第71巻 3号 1996. 2 総合報告

大気と海洋に見る十年スケールの変動

新田 勍

大気海洋結合モデルにおけるENSO及び数十年スケールの気候変動

行本誠史

On the annual and semiannual variations of the indonesian throughflow

Toshio YAMAGATA and Yukio MASUMOTO

第71巻 1号 1995. 6 総合報告

動物プランクトンバイオマスと環境の長期変動

友定 彰・小達和子

衛星観測による亜熱帯前線の3〜6カ月周期変動の検出

川村 宏・澤 庸介・境田太樹

等密度面拡散過程を含んだ海洋大循環モデルによる北太平洋中層の数値シミュレーション

山中吾郎・北村佳照・遠藤昌弘

北海道南方41゚30'N線断面における長期変化傾向とENSOと関連した変動

岩尾尊徳・長徳英晶

第70巻 3号 1994.12 総合報告

「リモートセンシング−各種衛星搭載センサーから得られる海洋物理量および生物量のValidation(精度),その現状と展望−」について

香西克俊・半澤洋一

海洋クロロフィル濃度推定における大気補正の役割

向井苑生

海洋レーザ観測装置による植物ランクトン観測

浅沼市男・青山道男

TOPEX高度計データによる海面力学高度の算出

倉賀野連・柴田 彰

衛星データを用いて得られた大気海洋間の熱フラックスの変動

根田昌典・今埋哲久・柴田 彰

VISSR/GMSデータを用いた海面での日平均正味長波放射量の推定に関する研究

川村 宏・本藤亮太郎・乙部弘隆

第69巻 3号 1993.12 総合報告

東シナ海トカラ海峡周辺海域の黒潮の流れの場の推定

山本浩文・安藤健太郎・美澄篤信

対馬暖流の季節変動

磯辺篤彦

対馬海峡における流速分布および流量の経月変化

河野光久

東シナ海の栄養塩分布

渡辺康憲

東シナ海における海気熱交換

松原竹男・櫻井敬三・南 秀人

第68巻 4号 1993. 3 総合報告

シンポジウム「海洋・気象システムの不連続的な変化−1975年になにが起こったか−」について

藤原建紀・西山勝暢

海洋の長周期変動と大気大循環

花輪公雄

北半球の海氷の長期変動

佐藤清富

10年スケールの大気・海洋変動について

鬼頭昭雄

兵庫県の気温と湿度及び降水量の変動について

藤原 清

1975年を境としたグローバルな大気・海洋循環の変化

関根義彦

1970年代半ばの北半球500hPa高度場の変化

好本 誠

第68巻 1号 1992. 6 短報

伊勢湾における赤潮予報にたいする一方法について

太田立男

第67巻 特集号 1992. 1 総合報告

日本海沿岸の強風

中垣昭夫

1983/84年冬の日本海の天候

好本 誠

日本海の海洋循環について

関根義彦

日本海南部の水温の経年変動

中村浩二

日本海の暖水渦の挙動について

磯田 豊・西原正彦

日本海のしぐれと海面水温

高野洋雄

気圧変動と対馬暖流

矢野雄幸

日本海の収束雲と海難

黒田雄紀

日本海側の降水の化学成分

宮尾 孝

第67巻 1号 1991. 6 短報

Transformation of the Soya current waters

A.A.BOBKOV

第66巻 特集号 1991. 4 総合報告

黄海底層水の形成とその水温の長期変動

俵 悟・山形俊男

イカナゴの漁獲と気象・海象・エルニーニョ

藤原建紀

マイワシの長期変動

黒田一紀

赤潮と気象

柳 哲雄

のり養殖と海洋気象

井口久和

長期予報

大森孝治

漁海況情報について

永田誠一

沿岸・沖合域における漁海況情報

岩田静夫

和歌山県沿岸域の漁海況

阪本俊雄

第66巻 3号 1990.12 総合報告

九州南方のトカラ海峡周辺の黒潮構造と流量

中野俊也・金子郁雄

東シナ海における黒潮の長期変動

水野信二郎・川建和雄・長浜智基・金子 新

東シナ海における黒潮のGEK測流結果を基準とした平均流速分布と平均流量

山城 徹・前田明夫・櫻井仁人・市川 洋

短波海洋レーダによる海流と波浪の計測

井口俊夫・梅原俊彦・大野裕一

第65巻 4号 1990. 1 総合報告

沿岸水位の変動スペクトル

柳 哲雄

津波(要旨)

つじよしのぶ

高潮の特性とその予報

小西達男

長崎湾の“あびき”について

小長俊二・半沢洋一・富山吉祐・高浜 聡

舞鶴湾の副振動について

永井千春・中村浩二・伏見克彦

異常潮位について

上平悦朗・林 紘二・石井正好・遠峯 勉

第64巻 特集号 1989. 3 総合報告

東シナ海の水塊と海水の運動の研究について

前田明夫

ADCPによる九州西方東シナ海陸棚上の海洋混合層の計測

細山田得三・金子 新・江口一平

東シナ海(PN線)における化学成分の季節変化

富山吉祐

東シナ海におけるクロロフイルの分布特性

小笹悦二

第64巻 3号 1988.12 総合報告

黒潮大蛇行と南西海域の海況

藤本 實・坂本久雄・中川倫寿

黒潮表層流路の分析

孫 湘平・袁 ?科・王 元培

黒潮大蛇行に関する研究の紹介

川辺正樹

伊豆海嶺上の黒潮領域の水温構造と混合層

花輪公雄

黒潮の変動と亜熱帯環流系−表層塩分極大層を中心にして−

飯田隼人

第64巻 1号 1988. 6 短報

太平洋と大西洋

西山勝暢

第62巻 2・3号 1986.12 総合報告

大阪湾の気象(ヨット転覆事故を起こした突風(陣風)及び大阪湾に発生する陸風収束雲)

中田隆一

大阪湾の波浪

井上篤次郎

大阪湾の物理過程(大阪湾の緩衝容量)

柳 哲雄

大阪湾の海洋環境

周東健三

第61巻 2号 1986. 1 総合報告

最近の波浪モデルと台風域内の波浪

宇治 豪

台風と高潮−バングラディシュにおけるサイクロンと高潮の実状−

半澤正男

ブイロボットデータと台風

和田徳弘

台風と海面水温

片山 昭

第60巻 2号 1985. 1 総合報告

山陰地方のしぐれ

堀口善一

山陰地方の雪

大磯 糺

日本海南部の海況

南 秀人

日本海における漁況と海況

長沼光亮

日本海の海底構造と最終氷期以降の海況変化に関する最近の研究

竃義夫

第59巻 2号 1983.12 総合報告

波浪観測とその問題点−主に外洋波浪観測法について−

城 松幸

波浪の通報と予報の問題点

松本次男

波浪と海難

金子昭治

波浪と操船

今村卓夫

最近の海岸工学における波浪の諸問題

椹木 亨

第58巻 2・3号 1983. 1 総合報告

海面水温と海況変動およびその測定方法−紀伊水道を例として−

吉岡 洋

海面水温とリモートセンシング

朝岡 治

海面水温の変動について

小長俊二

気候と海面水温

半澤正男

地質時代の水温−気候変動との関係について−

斎藤行正

第57巻 2・3号 1982. 3 総合報告

広島県の大気汚染状況

笹倉兼夫

広島県のオキシダント予想について

三宅 昇・住森繁喜

香川県オキシダント大気汚染気象予報のための統計的基礎調査

太田盛三

吉備高原を越える海風

椎木 基

低層ゾンデによる安定層

田中 勝

大阪平野の局地気象と大気汚染

佐藤 功

光化学スモッグの発生機構

藤井 徹

大気及び内湾における多環芳香族炭化水素の挙動

半田暢彦・佐藤 修・大田啓一

浮遊粒子の除去機構

伊藤昭三

大気汚染のシミュレーション

池田有光

第56巻 2・3号 1980.12 総合報告

大阪湾の海況変動−水温・塩分の自動観測からみた短期変動−

安部恒之

瀬戸内海の海洋物理的環境

柳 哲雄

炎光光度法による海水中のリチウム,ルビジウムの定量とその海洋における分布について

藤永太一郎・桑本 融・中山英一郎・田中真司

大阪湾の化学成分の経年変化

渡辺志伸

瀬戸内海底泥中の可溶性有機物とその鞭毛藻に対する作用

岡市友利

瀬戸内海でのプランクトン研究(赤潮を中心として)

宇野史郎

瀬戸内海の水産と海洋環境

阪本俊雄

瀬戸内海における堆積と底質汚染

松本英二・横田節哉

1万年前以降の瀬戸内海東部の海面変化−とくに大阪湾,播磨灘について−

前田保夫

第55巻 2・3号 1980. 2 総合報告

岡山県を中心とした濃霧について

宮本一夫・堀内俊彦

備讃瀬戸の霧調査とその問題点

塩田輝也

安居島付近の霧について−主に雨に伴う霧−

井手一雄・萩原武士

安居島付近の霧について(霧解析図による解析)

阪本孝廣

気象衛星から見た日本近海の霧

村山信彦

瀬戸内の霧・文献紹介

西本洋相

第54巻 1号 1978.10 総合報告

瀬戸内海における熱収支について

石崎 廣・斎藤 実

瀬戸内海の物理的海況要素のシミュレーションについて

大西行雄・國司秀明

瀬戸内海の海水の光学的特性

菱田耕造・山下皓一・竹澤 信

瀬戸水域における物質の拡散・集積について(要旨)

中田英昭・平野敏行

第53巻 2・3号 1978. 3 総合報告

最近の波浪予測法とその問題点

磯崎一郎

波の長期極値について

井上篤次郎

紀伊水道の波浪について

橋本清美・原見敬二

経ケ岬沿岸波浪計

沢口芳夫

第52巻 4号 1977. 9 総合報告

海洋のリモートセンシング

渡辺貫太郎

海水交換過程研究におけるMSS法適用の可能性について

司 秀明・西 勝也

リモートセンシングによる海洋調査

落合弘明

第51巻 1号 1975.11 総合報告

「東シナ海」に関するシンポジウムについて

小泉政美

東シナ海の流況

近藤正人・玉井一寿

東シナ海大陸棚上の海底付近の流動

井上尚文

東シナ海陸棚上の底層水

深瀬 茂

東シナ海における水温・塩分・溶在酸素量の平年値

土田武雄

東シナ海水の分散過程

國司秀明

東シナ海の植物プランクトン分布と海況

朝岡 治

東シナ海の基礎生産

有賀祐勝

第50巻 2・3号 1975. 3 総合報告

豊後水道の海況と拡散係数

川村雅彦・清水浩輔・小山治行・中嶋秀夫・前川 力

底質汚染について(綜説)

村上彰男

導流堤による潮流制御工と瀬戸内海の水質改善

中村 充・萩野静也・乃万俊文

第49巻 1・2号 1973. 9 総合報告

日本近海の海況と主として月平均潮位について

飯田隼人

10日ないし20数日の潮位・気圧・水温変動ついて

蔵重 清

東北海区の海況とその沿岸における潮位について

秦 克己

紀伊半島周辺の海況と潮位について

小長俊二・井上民夫

五島灘における潮位と海況について

土田武雄

日本海における海況と潮位について

谷岡克己

第47巻 2・3号 1971.12 総合報告

大気と海洋の大楯環の数値実験

新田 尚

海洋と大規模な大気環流の変動

朝倉 正

海洋の長期変動を中心として

森安茂雄

「気象と海洋の長期変動」の総合討論

「外洋波浪の観測と予報」の座長あいさつ

宇野木早苗

洋上波浪の観測について−方法,および問題−

降籏常雄

風浪の発生と発達

永田 豊

波浪予報の実際

井上篤次郎

海上風の予報

松本次男

各国の波浪予報業務の現状と今後の問題

磯崎一郎

波浪予報モデルDSA5Mテスト報告

宮沢 勇・土田正夫

第45巻 2・3号 1969.12 総合報告

蒸発についての問題点

近藤純正

大気・海洋間の熱交換に関するsynopticな問題点

菱田耕造

赤外線放射温度計による表皮水温測定上の問題点

木村竜治

表面水温における問題点

渡辺貫太郎

第42巻 3・4号 1967. 3 総合報告

下層大気中の風の鉛直プロフィールについて

川鍋安次

第41巻 3・4号 1966. 3 総合報告

海塩粒子−大気と海洋との相互作用の一要素として−

鳥羽良明

第41巻 1・2号 1966. 1 総合報告

波浪記録の解析の仕方

川鍋安次